仮想通貨流出で国内初検挙 「モナコイン」1500万円詐取 18歳少年を書類送検 – ITmedia

0
2
仮想通貨流出で国内初検挙 「モナコイン」1500万円詐取 18歳少年を書類送検 – ITmedia

 仮想通貨「モナコイン」をユーザーから預かっていたウォレットサービス兼コミュニティーサイト「Monappy」(モナッピー)から約1500万円相当のモナコインをだまし取ったとして、警視庁が3月14日に、宇都宮市の18歳少年を電子計算機使用詐欺の疑いで書類送検したと、朝日新聞が報じた


仮想通貨「モナコイン」をイメージした物理コイン

 Monappyを運営するIndieSquare(東京都)によれば、2018年9月に攻撃を受けたことを確認。同社がホットウォレット(※)に保管していた全てのモナコインである9万3078.7316Monaが不正出金されたという。

※ホットウォレット:インターネットに接続されている仮想通貨の電子ウォレットクライアント。遠隔操作や高頻度の入出金に向く分、不正アクセス時の資産保護に弱い

 仮想通貨流出事件をめぐって、国内からの被疑者検挙は初。

 18年に仮想通貨取引所「コインチェック」から約580億円相当の仮想通貨「NEM」が流出した事件には、北朝鮮のハッカーグループ「Lazarus」(ラザルス)が関係しているとロシアのセキュリティ企業Group-IBが報告している。

 14年に仮想通貨取引所「Mt.Gox」(マウントゴックス)から約390億円相当のビットコインが盗難された事件については、関与すると見られるロシア人の男が17年に米検察当局に逮捕されたとロイター通信が報じている

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

LEAVE A REPLY

Please enter your comment!
Please enter your name here