2年間続いた腹痛…超音波検査の結果はいつも異常なしだった(日刊ゲンダイDIGITAL) – Yahoo!ニュース

0
3
2年間続いた腹痛…超音波検査の結果はいつも異常なしだった(日刊ゲンダイDIGITAL) – Yahoo!ニュース

【「がん家系」に生まれて】(2)





 朝香さん(モデル・美肌温泉家)





 ◇  ◇  ◇





 祖父、伯父と叔父、母と、母方の家系を立て続けにがんで亡くし、「いつかは私も」という覚悟をしていました。がん保険には20歳の時に入りましたし、普段から後悔のない生き方をしてきた。モデルもその一つです。北海道に住んでいた短大時代に街中でスカウトされたんですが、その時は「親に反対されるだろう」という思いもあって、お断りしました。その後も、スカウトの方から何度かお誘いをいただいていたのですが、モデルの世界に進むことは考えていませんでした。





「モデルをやろうかな」と思ったのは、上京した29歳の時。モデルのことがずっと頭にあったんです。インターネットで事務所を探し、自らオーディションを受けに行きました。2014年12月に見つかった大腸がんで活動中断を余儀なくされましたが、それまでは主にランウエーショーに出てましたし、モデル復帰した翌年5月からはメインの仕事を広告に変え、さまざまな媒体に出演していましたね。





 がんの中で私が気にしていたのは、子宮と卵巣。生理がすごく重く、母のがんが子宮体がんから始まっていたからです。だから、思い立ったときに病院へ検査を受けに行っていました。20歳で子宮内膜症と診断され、後に卵巣嚢腫だったと分かり、24歳の頃に手術を受けています。





 お腹の調子が良くないな、と最初に感じたのは、大腸がんと診断された14年12月の2年ほど前から。自宅近所の大きな病院に行っても、超音波をやるだけで、異常なしという結果でした。





 お腹の痛みはチリチリする感じで、トイレに行きたいというほどではなく、左右のお腹どちらも痛い。便通異常はなし。度々痛くなるものの、我慢できないほどではない。





 この2年間は、超音波検査を受けて、「何もないよ」と言われて帰るのがパターン。この時、大腸内視鏡検査は受けていません。卵巣嚢腫が見つかったときに受けたさまざまな検査の一つが大腸内視鏡検査で、それがあまりに痛くて二度とやりたくない、と思っていたんです。母のがんのことは頭にありましたが、病院で検査を受けているし、大丈夫だろうと考えていました。





 ところが14年9月くらいから、結構本気でお腹が痛くなってきたんです。その年の11月、母の法事で実家がある北海道に帰ったんですが、そのちょっと前には39度くらいの高熱も出ました。毎年季節の変わり目には熱が出たりするので、それかな、と。





 仕事のスケジュールも詰まっており、解熱剤を飲んで、後は「熱よ下がれ、下がれ」と念じて、根性で熱を下げました。熱が下がればお腹が痛いのも治まるだろうと思っていたんですが、お腹だけはよくならなかった。しかも、いつもと違う痛さです。痛さが増してきた、やばい、と思いつつ、法事で帰らなければならないからと、1週間くらい何とかなると自分に言い聞かせて、札幌行きの飛行機に乗りました。





▽1974年8月生まれ。44歳。北海道出身。モデルとしてCMなどに多数出演。現在は温泉観光実践士協会理事、温泉ソムリエアンバサダーも務める。

LEAVE A REPLY

Please enter your comment!
Please enter your name here