格安スマホ乗り換えの意外すぎる落とし穴(プレジデントオンライン) – Yahoo!ニュース

0
4
格安スマホ乗り換えの意外すぎる落とし穴(プレジデントオンライン) – Yahoo!ニュース

2/14(木) 6:15配信

プレジデントオンライン

格安スマホに乗り換えることで毎月数千円の節約に。スマホ代が1万円程度かかっている人、通話は5分以内が多い人、契約プランを見直していないズボラさんにはとくにおすすめだ。しかし、意外な落とし穴もあるから要注意! 





■【1】スマホ料金 1





 データ通信&通話プランを変えるだけで、翌月の請求がダウン





———-


▼こんな人におすすめ! 


・スマホ代は月1万円程度が普通


・スマホの料金明細を見ていない


・通話はたいてい5分以内で済む


・契約時のプランを1度も変えていない


———-





 ガラケーからスマホに機種変更し、毎月のケータイ料金が1万円程度に上がってしまった人は多い。





 だが、利用状況に見合わない「過剰」なプランに入っている人は、プランを見直せばすぐに節約できる。キャリアのホームページやアプリで、自分のケータイプランの明細を確認してみよう。まずはデータ通信量。5GBの契約なのに、実際は2GBで間に合っている人もいる。auとソフトバンクで従来の定額プランに入っていて、データを余らせている人は、下位のプランに変更すればOKだ。

 ドコモとauでは、そんなムダを省ける“使った分だけ”の新プランを提供しており、使ったデータ量に合わせて、毎月の料金が変わる。従来はなかった1GBの料金設定ができるので、あまりデータを使わない人なら、料金を大幅に減らせるだろう。ただし、データを多く使う人は、従来のプランのままでいたほうが得になるケースも。新プランへの変更は、ここ数カ月の利用明細を見ながら慎重に決めよう。





 次にチェックしたいのが通話料。「LINEやSNSばかりで電話はあまり使わない」という人なら、かけ放題から「1回5分以内の通話が無料」のプランに変更するだけで毎月1000円の削減になる。





 契約時にキャッシュバック目当てで不要なオプションに加入していた人は、解除する。





 以上の3点を見直せば、かなりの削減効果が見込めるだろう。





———-


▼注意!  ここに意外な落とし穴


“使った分だけ”のプランは、0.1GBなど、少し余分に使っただけで、1ランク上の料金になってしまう。データ容量を上限ぎりぎりまで使っている人は、プラン変更で料金が高くなる可能性も。


———-

LEAVE A REPLY

Please enter your comment!
Please enter your name here